ホーム > よくある質問と答え
私は矯正治療が必要なの???
いつごろ開始したらよいのでしょう?
どれくらいの間隔で通院すればよいのでしょうか?
装置をつけるのがイヤなんですが・・・
治療中の不快感や痛みがあるのでは?
抜歯?非抜歯?
どれくらい費用がかかるのでしょうか?

★私は矯正治療が必要なの???★

 まず自分の歯ならび・かみ合わせを鏡でよーく見てください。気になるところはありませんか?例えば歯ならびに凸凹があると,見た目の問題だけでなくむし歯や歯周病になりやすく,将来早く抜けてしまう可能性が高いと言えます。

 そのほかにも,いわゆる受け口や出っ歯,前歯がかみあっていない状態など,様々な不具合がありますが,どれも見た目だけでなく何らかの機能面での問題があり,それらを改善することにより食事や発音がしやすくなったりということにつながります。

 ご年輩の方で自分の歯がたくさん残っている方のほとんどは,きれいな歯ならびの方です。
矯正治療の一番の目的は自分の歯を長い間使えるようにということなのです。自分の歯でよくかめるということが,長く人生を楽しめることにつながるでしょう。

 <ページトップへ


★いつごろ開始したらよいのでしょう?★

<治療の時期は二つにわかれます>
 治療段階は,永久歯と乳歯が混ざっている時期の治療(第一段階)と,永久歯がそろってからの治療(第二段階)にわけて考えます。それぞれの目的は次のようになります。
 第一段階(早期治療):あごの成長・歯のはえかわりを望ましい状況に近づけること
 第二段階(本格的治療):ブラケットと呼ばれる装置を歯につけることにより,より望ましいかみ合わせを得ること
 また,治療に必要な期間は,第一段階では半年から2年,第二段階では1年半から2年程度と思われます。


<第一段階治療(早期治療)が必要な場合>
 あごの成長や歯のはえかわりに問題があると考えられる場合は,小学校低学年ぐらいから治療を行います。一般的に受け口などはこの時期から治療が必要なことが多いようです。すぐにアプローチしなくてよい場合でも,しばらく定期観察を行うことが望ましいでしょう。
 なお,アメリカ矯正歯科学会では
7才で歯科矯正医において初診相談を受けるように勧めています。

<小学校4年生〜5年生の頃がとても大事です!>
 いわゆる乱杭歯・凸凹歯が見込まれる場合(軽度〜中等度),この時期から適切にアプローチを始めれば,永久歯を抜かずに治療を進めることができる確率が増えます。具体的には歯列の拡大・奥歯の移動を行います。4人がけのベンチに5人座ろうといているとして,この時期ならばベンチを広げる工事が可能というわけです。

<成人の矯正治療>
 最近では成人になられてから治療を開始される方が増えています。基本的には永久歯がしっかりさえしていれば,いつでも治療は始められますが,経年的にむし歯が発生したり歯の支えが弱くなったりということは避けられませんので,できるだけ早めにアプローチした方がよさそうです。

 <ページトップへ

矯正用インプラントについて・・

歯を動かす際にチタン製の小さな
ネジ(マイクロインプラント)を
利用することにより,非常に効果
的に治療を進めることができるよ
うになりました。
使用が望ましいと思われる場合は,
治療方針説明の際にご説明させて
いただきます。

★どれくらいの間隔で通院すればよいのでしょうか?★

 最近では材料の進歩により,通院間隔をあけることが可能になってきました。とくに永久歯列期治療では,温度によって性質の変わる形状記憶合金ワイヤーを用いて効果的な結果を得ています。(Heat Activated wire,Copper NiTi wire)このワイヤーを用いると,長期にわたり適切かつ持続的な力を歯に加えることができるので,従来は3〜4週間に一度の来院が必要だったのが,5〜8週間に一度で進めることが可能となってきました。

 <ページトップへ


★装置をつけるのがイヤなんですが・・・★

 歯の移動にはほとんどの場合は固定式の装置が使用されます。めだたない装置や前から見えない装置の使用により,見た目を気にすることなく治療を進めることが可能です。

<めだたない装置:クリアブラケット>
 レジン(樹脂)製のめだたない装置です。ワイヤーは前から見えますが,かなり近寄らないと装置がついているのは見えません。

<前から見えない装置:リンガルブラケット>
 歯の裏側につけますので前からは見えません。最初のうち発音の面で慣れないことがあります。治療にかかる期間は前につける装置の場合とほとんど変わりませんが,症例によってはやや長期間になる傾向があります。

 上の歯はリンガルブラケット,下の歯はクリアブラケットなどの組み合わせも可能です。

 <ページトップへ


★治療中の不快感や痛みがあるのでは?★

 まず装置の凸凹による違和感は多くの場合は最初の何日間で解消することがほとんどです。また,歯が動くときの違和感もやはり最初の3〜4日のうちに消退することが多いようです。この面でも材料の進歩により,以前よりも痛みや不快感の少ない治療を進めることができるようになってきました。

 <ページトップへ

当クリニックでは主に,
 
ローフリクションブラケット
を使用しています。従来の方法と
比べると格段に治療中の違和感や
痛みが少ないといわれています。


★抜歯?非抜歯?★

 歯ならびの矯正のために永久歯を何本か抜く,ということをどこかで聞かれたことがおありの方も多いと思います。当院ではまずできるだけ親知らずを除く永久歯の抜歯をできるだけ避けた治療を目標としています。
 以前に比べて治療方法も進んできており,永久歯を抜かなくても矯正治療が可能になる症例が増えてきました。特に小学校のうちから何らかのアプローチをすることにより,永久歯を抜かずに治療ができる確率は高くなると考えます。
 ただし・・・
・考えられるどの方法を用いても歯の並ぶスペースが不足している場合
・無理やり配列することによって口が閉じにくくなるなどの不具合が予想される場合
・もともと口元や唇が前に出ていてそれを積極的に引っこめたい場合
などでは,やむなく何本かの永久歯をまびかざるを得ないことがあります。技術的には非抜歯で可能でも,かえってどこかにしわ寄せが生じることがあるという場合です。

まとめますと・・・
 偏った治療方法におちいることなく,場合によれば複数の治療方法を設定し,各方法のメリット,デメリットを天秤にかけたうえで,十分相談・納得の上で治療に取りかかることが重要と考えます。

 <ページトップへ


★どれくらい費用がかかるのでしょうか?★

 歯ならびの治療には一般的に健康保険がききません。
 大人(永久歯列)の治療の場合,最初(検査診断)から最後(治療終了)まで,すべてを含んだ費用の概算として,金属の装置の場合75〜80万前後(*)となると思われます。
 また,めだたないクリアの装置(クリアブラケット)や歯の裏に装着する装置(リンガルブラケット)の場合は,上記の費用にオプション費用が加算されます。

 第一段階治療(小学校低学年)から始められた場合には,(*)の費用の半分程度で行い,のちに第二段階治療開始が必要となった際に残りを算定する形となります。

 いずれにしても状態によって治療費は異なりますから,詳細は初診相談時に治療費概算としてお伝えする形となります。治療開始になった場合,診断時にお支払い予定表をお渡ししてそれを参考にお支払いいただきます。(右記料金表をご参考ください)

<治療費は分割可能です>
 できるだけお支払いいただきやすいように,治療費の分割を細かく設定いただけます。(金利はありません)お気軽にご相談くださいね。

<兄弟姉妹で治療を受けられる場合>
 兄弟姉妹で治療を受けられる方は,一定の割合で治療費の減額を行っております。

<医療費控除について>
 治療費は医療費控除の対象になります。確定申告で申告された場合,いくらかの割合で税金が還付されますので,矯正治療に際しての実質的なご負担は減るものと思われます。大人の治療の場合は診断書が必要なこともあります。

<保険適用できる場合があります>
 以下の場合は健康保険適用となります。
・口唇裂口蓋裂に起因する不正咬合
・顎変形症にともなう不正咬合であごの手術が適用とされる場合
 詳細についてはお尋ねください。

 <ページトップへ

当クリニックにおける
歯科矯正治療費です。

初診相談料:¥2,000
検査診断料:¥40,000

施術料(装置料を含みます):
(A)混合歯列からスタート
 1)第一段階治療開始時
  ¥300,000
 2)第二段階治療開始時
  (永久歯列になって)
  ¥300,000〜\350,000
(B)永久歯列からスタート
  ¥600,000〜\650,000
※オプション費用
 クリアブラケット使用
  ¥30,000(上下別)
 リンガルブラケット使用
  ¥250,000(上下別)
 以上が加算されます。


調節料:¥5,000
 歯を動かしている期間
 (1年半から2年)
 ご来院ごとに
 (1ヶ月半に一回程度)
 お納めいただきます。

観察料:¥2,000
 定期観察の間ご来院の際に
 (4〜6ヵ月に一回程度)
 お納めいただきます。

※表記すべて税別です。
(以上2017年8月現在)